不動産売却の流れ【残代金受領・引渡し】

平野区不動産売却決済引渡

残代金受領・引渡し

 

不動産売却の最終取引となります。いわゆる「決済日」。

残代金を受領し、物件の引渡し(鍵の引渡し)をします。

 

現金や住宅ローンの支払いであっても、不動産取引は金額が大きい為、一般的には買主様指定の銀行で行います。

当日立ち会うのは、売主様、買主様、仲介業者、司法書士です。

 

基本的に司法書士による移転登記があるので、午前中に取引を行います。

また昔からゲン担ぎで六曜の「大安」や「先勝」に行われることが多くあります。

 

 

登録申請書類確認

 

司法書士に登記申請を依頼します。

 

残代金の受領

 

買主様より残代金を受領します。

 

固定資産税の清算

 

固定資産税を清算します。売主様は1年分の固定資産税をお支払いしているので、決済日を起算日に日割り計算し、買主様より決済日以降の固定資産税を売主様にお支払いいただきます。

 

関係書類の引渡し

 

建築確認通知書や、付帯設備の保証書・取扱説明書、マンションなどでは管理規約等の必要書類を買主さまに引き渡します。

 

鍵の引渡し

 

鍵の引渡しと引き換えに、買主様に「鍵受領書」に記名押印いただきます。

 

仲介手数料等のお支払い

 

最後に仲介手数料等の諸費用のお支払いをします。

 

 

以上で不動産売却は完了します。

 

 

平野区の不動産売却はお任せください

 

店頭で、現地で、訪問先で、電話で。

当社スタッフは地域に根差した営業活動でさまざまな買主様の声を聞いています。

そうすることによって、買主様の想いを知り売主様の想いを届けることができます。

多くの声と多くの事例は、不動産の適正な価格のご提示ができます。

そして少しでも多く、売主様・買主様の想いの叶ったご成約を目指しています。

 

現在、不動産でお困り・お悩みの事がありましたら是非当社にお声かけ下さい。

 

 

タテミ

有限会社 建 實

 

大阪市平野区長吉長原東2-1-41

TEL 06-6701-3435

Email info@tatemi.co.jp

 

宅建業免許:大阪知事(7)第41247号

公益社団法人 全日本不動産協会 会員

公益社団法人 近畿地区不動産公正取引協議会 加盟